2019年01月01日

欅坂46は新たなるアートなのか



欅坂46って一昨年の紅白でも違和感を感じたんですけど・・・

何なんですかね?

確かにダンスパフォーマンスは目をみはるものでしたし。

曲もなかなか良い。

売れるのも分かります。

・・・が。何なんですかね、もはや口パクすらする気が無いようなw

ダンス激しすぎてもう歌う素振りすら感じられない。

んー欅坂46ってもはや「歌わないアイドル」というかパフォーマンス集団?みたいに捉えた方がいいんでしょうな。

よくいえばアートとして、よく出来ている。

悪く言えば、そうとでも受け取らないと他の歌手との整合性が取れん!w

昭和なおじさんから見ると、もう新しいアートなんすね欅坂46。たぶん。

好き嫌い、分かれそうやなー

posted by イーディー山岡 at 23:07| Comment(0) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください