2019年03月22日

誰が納得?NGT暴行事件 第三者委員会の調査報告書公表

果たして誰が納得するのでしょうか?




NGT暴行事件 第三者委員会の調査報告書公表 「事件そのものにメンバーが関与した事実はなかった」
http://news.livedoor.com/article/detail/16194842/


報告書はこちら⇒ https://ngt48.jp/news/detail/100003226


・メンバーが私的領域でファンとのつながりがあったことは不適切
しかしながら
・責任を問われるべきなのはAKSなので、今までのNGT48内での私的領域でのファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は「不問」

ネットでも散々な声が上がってます。

「まあ、第三者委員会にNGT側の人間が普通にいる時点で報告書が上がってきたところで別に進展があるとは思ってなかったんだけど、唐突に新潟県とか新潟県民Disブッ込んで踏まなくていい地雷をガッツリ踏み抜いたのは最早わざとやってんだろお前らとしか思えなくて笑う」

「メンバー12名がオタクと繋がりを持っていた...。この数字を公開した以上、無実な真面目に頑張っていた子も疑いの目を向けられる。
繋がりを持っていたメンバーは全員SNSでも良いから謝罪するべき。真面目に頑張ってた子が報われず、不真面目な人間が守られるのはおかしいだろ。」

「つまり、今回の件でNGT運営は誰も切らないということか。まほほんの決死の訴え、関わったメンバーは処分して欲しいという願いは絶たれた。厄介もこれからも存続し続ける。もうこんなグループ解散で良いよ 」


釈然としませんね。だいぶファンも離れるんじゃないかな?

ラベル:NGT48
posted by イーディー山岡 at 00:15| Comment(0) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください