闇営業問題で宮迫博之ら11人が謹慎処分に!



以前にも書きました吉本芸人の闇営業問題に大きな動きがありました!


吉本興業が闇営業問題で反社会的勢力の詐欺グループから金銭を受け取っていたということで、所属芸人を活動休止の謹慎処分を下しました。

今回、謹慎処分を食らうことになった芸人は以下の通り。


宮迫博之、田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成、くまだまさし、ザ・パンチのパンチ浜崎、天津の木村卓寛、ムーディ勝山、2700の八十島宏行と常道裕史、ストロベビー・ディエゴ。

また別事務所にも飛び火、「ザブングル」の松尾陽介と加藤歩も謹慎処分となりました。

謹慎処分は当然のことですね!

相手は特殊詐欺グループ、反社会的勢力の中でもゲス中のゲスからギャラを受け取っていたとは言語道断。

また、金銭を受け取っていないとなぜ嘘の弁明をしてしまったのか?

ともかく深く、深く、深ーく、反省して欲しいものです。

特にコンビ組んでる者は相方が可哀想ですね。。

テレビなどは対応に追われそうです。

しばらくはお茶の間にもグレーな色がついてしまうと復活は難しいのではないでしょうか?

ともかく深く、深く、深ーく、反省して欲しいものです。(不覚にも笑わないように!w)

この記事へのコメント