本当は怖い「6月病」




皆さんは元気ですか?

6月病」になんてなってませんか?

「6月病」とは「5月病」と同じく、急激な生活の変化についていけないストレスにより起きる「適応障害」とされてきました(後述)


しかし、この「6月病」、5月病よりもヤバい側面があることが分かってきました。

例えば、こんな職場、ありませんか?

・職場で5月病で辞めていった者がいる
  ↓
・その穴埋めで職場が人員を割いてくれない
  ↓
・その結果、オーバーワークが続き体調不調が

そう、1人の5月病から職場全体に6月病のリスクが伝播するのです。伝染病みたいに。

このオーバーワークが人手不足でいつ終わるか分からない状態に加え6月は祝日も無く、低気圧の影響などが加わり病んでしまう人がいるのです。


さらに6月病になりやすい人は我慢できる人、完璧主義、責任感が強い人に多いようです。

入社・昇進など4月の環境変化に無理を重ね、2ヶ月以上の時を経て、「適応障害」でなく「うつ病」として発症してしまうケースもあるそうです。こうなると大変なことです。

速やかに病院の受診が必要です。5月病より深刻な場合があるのが「6月病」なのです。

体調不調で原因が見つからない場合、「6月病」を疑った方が良さそうです。



「6月病」を病院で受診する場合は、一人の医師に継続的に見てもらった方がいいです。そういう病院を選びましょう。

また「何でも聞いてくれる」医師が望ましいです。すぐに話を遮り診断を終わらせるような医師には注意しましょう。



なお、職場のブラック状態が続き、このままでは病んでしまう!という状態が定常化しているようなら転職なども選択肢として考えた方がいいです。場合によっては退職代行を使うのも手です。

とにかく6月病に注意!新社会人に限りません!

6月は前述したように祝日もないことから、ストレスが貯まってるなーと思ったら有給休暇を取って発散することも必要です。

この記事へのコメント