吉本大騒動、分裂も不可避?吉本興業の社会的な責任は?

いやー吉本興業が揺れています。

吉本側が宮迫博之を事実上、解雇し会見も開かないと発表されましたが、20日に宮迫博之、ロンブー田村亮が闇営業問題の「謝罪会見」を開きました。

この会見が吉本興業側の圧力の暴露会見にもなってしまい、芸人側が吉本に「反撃」する形になりました。

曰く、会見したら他の芸人もクビにする、など、かなりどぎつい内容。

田村亮は会見で契約解除を申し出る異例な状態。一気に風向きが変わりました。

特に松本人志は




とツイート、ワイドナショーで急遽、生放送して吉本側をかなり批判的に取り上げています。

また、明石家さんまも宮迫を事務所に欲しいなど、芸人側にエールを送る。

ビートたけしも、強い調子で吉本側を批判しました。



そして22日に吉本・岡本社長が会見となりましたが、これが火に油。

5時間半に及ぶ、「グダグダ会見」となり、圧力も「冗談」として乗り切ろうという不誠実さ。

何より吉本側が「反社」との付き合いがあった疑惑もあり、こうなると最初のカラテカ入江の処分が正しかったのか、という問題になってきています。


ここにきて、加藤浩次が激怒、現体制が変わらなかったら吉本を辞めると宣言。

加藤浩次と岡本社長の会談が持たれたようです。


加藤浩次は松本人志の「松本興行」案に全面的に賛同、一気に松本中心に社の刷新を願っているもようです。



と、とにかく怒涛の展開。

これ吉本側が圧力を認めたら、そこでコンプライアンス的にまずいわけで、初動を完全に失敗してしまったように思います。

吉本興業側と宮迫らと最初から不適切な営業活動をしていたゴメンナサイと謝罪していたら・・・ここまで大騒動にはならなかったのでは?


これから注目のキーマンとしては松本人志と加藤浩次になっていく?

特に加藤浩次は朝の情報番組で会談を受けて何か話すようなので「スッキリ!」での発言が注目されます。



今回の問題、ジャニーズの件もあり、巨大芸能事務所の「圧力」にテレビ局側も受け入れていたわけで、もう誰が悪いのか?状態になりつつあります。果たしてマスコミ側がどう報じるかも眉に唾しないと分からなくなってきています。


とにかく、しばらくはこの問題からは目を離せそうにありません。

この記事へのコメント