能年玲奈、元SMAP、吉本興業とテレビ局

報道機関であるテレビ局がこぞって、「圧力はない」と言い切った“圧力問題”。

しかし、のんさんはテレビからは干されてますよね~

元SMAP3人に対し公正取引委員会がジャニーズに注意を与えましたが。

ジャニーズ側は圧力なんてかけてないもんね~と発表しました。


吉本興業の闇営業問題を端にした大騒動も芸人に対する圧力が問題となっています。


これらの問題に関して共通するのは「テレビ局も共犯」であることですね。


特に吉本問題は根が深く、テレビ局は吉本の株主なわけです。

反社との付き合いがあるのなら、もう吉本の芸人は使えない、と株主の立場で言えるはず。

さもなくば、資本提携解除です。

それが出来ないということは反社への対応が出来ていないと、本来、大問題となりかねないのですが、テレビ局側に自覚はあるのか?


吉本は公的機関などとも付き合いも深く、現首相が吉本新喜劇に出るほど親密な関係でもあります。

どうも吉本自体が古くから反社、暴力団との付き合いを完全に切れていない(島田伸介の引退劇もありました)ことが今回の件で浮き彫りになってしまっている感があります。また芸人側も契約書がないことから闇営業に対して鈍感だったことも否めない事実でしょう。
(だから宮迫らが完全に被害者とするような風向きもまた危険な気がします)


話を戻して芸能事務所の圧力についてですが、テレビではNGですが、もう公然の秘密として噂されているわけですし、テレビ局側が毅然とした態度を示す必要もあるのではないでしょうか?

のんさんが本名の能年玲奈を名乗れないのは、ちょっと異常です。

しかし、どこかうやむやになっている現状です。


吉本にせよジャニーズにせよ、所属タレントを人質にするのはやめてもらいたいものですし、テレビ業界もそろそろクリアにしないといけない問題になってきていると思います。


今後、公正取引委員会などが徹底的にメスを入れないとこの圧力問題は解決できないのか?

テレビ側の報道姿勢が問われていると思いますよ。

この記事へのコメント