2019年08月17日

うつ病が治らない人の3つの共通点






うつ病が治らない人の共通点があるそうです。

精神科医・樺沢紫苑先生の解説動画です こちら⇒ https://youtu.be/LYvE4gLNN_A

詳しくは動画を見て欲しいのですが、大きく3つの共通点があるそうです。


・飲酒

・昼まで寝ている

・運動不足



自分は3つの条件クリア出来ていますね。

酒は今、1滴も飲みませんし、朝は起きているし、午前に1時間ほどのウォーキングを行ってます。

ですから、だいぶ調子も上向いてきました。

この動画もおすすめです。

精神疾患になりやすい性格とは⇒ https://youtu.be/sKKcTIRFkAw

樺沢先生の動画は色々あって面白いですよ。うつ病でない人にもおすすめ!


では、改めて解説。

・飲酒

特に毎日、飲む人は駄目。脳の機能を下げるためうつの治療中はお酒はやめてください。

・昼まで寝ている。

朝日を浴びないと脳内で「セロトニン」が作られません!

うつ病はセロトニンがうまく作られない病気です。セロトニンは午前中にほとんど作られるため昼まで寝てちゃ駄目。

・運動不足

うつがひどいときは何もしたくありませんよね・・・自分もそうでした。

しかーし!「運動療法」は抗うつ薬と同等の効果があるんです!知ってました?



逆に言うと3点がセットになってる場合は、うつが当然、治りにくくなります。

だって、

 深酒して、

 昼まで寝て、

 外にも出ない。

そんな生活していれば悪循環になるのは分かりますよね?

睡眠薬代わりに酒を飲むって人もいますが当然NG行為。

お酒を飲むと睡眠の「質」が悪くなります。睡眠が浅くなってしまうんですね。

理想は朝起きて、朝日を浴びて運動する。自分はウォーキングを日課としてやってます!

うつ病は生活習慣病の一面もあるんですよね~

規則正しい生活とストレスを貯めない考え方。

これが大事のようです。




posted by イーディー山岡 at 12:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください