【出版不況】年間ベストセラーは「一切なりゆき 樹木希林のことば」



トーハンの年間ベストセラーが発表されました。
https://www.tohan.jp/bestsellers/2019_2.html

1位はオリコン発表と同じく樹木希林さんの「一切なりゆき」でした。

しかしランキングを見ると出版不況やなぁ、と。


2位 青銅の法 人類のルーツに目覚め、愛に生きる(大川隆法)

3位 新・人間革命 (30)(下)(池田大作)

4位 「おしりたんていファイル」シリーズ

5位 樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ

6位 医者が考案した「長生きみそ汁」

7位 日本国紀

8位 メモの魔力 The Magic of Memos

9位 妻のトリセツ

10位 そして、バトンは渡された

(以上、トーハン調べ https://www.tohan.jp/bestsellers/2019_2.html


というわけで、樹木希林さんが亡くなっていなかったら、大川隆法・池田大作のワンツーフィニッシュもあり得たという結果に。

・・・うーん、出版不況やなぁ。

もし来年、爆発的ヒット作が生まれないとマジで大川隆法が1位とかありえますよ?池田大作は生きてるか分からないけど!(暴言)

出版界はもっと危機意識持たないと!

この記事へのコメント