2019年11月29日

低血圧克服法!


専門医がやさしく教える低血圧―悩んでいたつらい症状を心身両面から改善する



どうでもいいですが低血圧って扱いが適当じゃないですか?

高血圧と違い、別段命への直接的な影響がないからと。

実際、日本では治療の基準はなく、症状がある場合に治療という感じになってます。

しかし!海外では心身症と診断される場合もあるんです。何より低血圧って地味に経済損失を生んでいますよね!

朝早く起きられないので遅刻や午前中にやる気がどうしても出ない・・・

生産性を大きく下げてしまいます。





実は自分もうつ病が酷いときに低血圧を同時に患っていたことがあります。

診断で本態性低血圧、起立性低血圧のダブルパンチ。

うつ病の患者さんには低血圧症を同時発症しているケースが多く、正直、鶏が先か、卵が先かというくらい、うつ病と低血圧は親和性が高いです。自分が入院中は同じように低血圧でも苦しんでる患者さんを多く見てきました。

つらいですよね、低血圧。自分も上の血圧が80を下回るようなときもありましたから。

辛い気持ちはよーーーーく分かります!

そこで、自分の低血圧をどのように克服していったのかを書いておこうと思います。




薬物治療

自分の場合、症状が酷かったため、いきなり薬物の処方です。

リズミックメトリジンジヒデルゴットといった低血圧の薬があります。

心療内科などで処方してくれます。

自分は3種、全部飲んでました。


運動療法

しかし、ぶっちゃけ、薬で低血圧は抜本的には治りませんでした!

もう、これは体質改善しかありませんね。有り体に言えば体を鍛えるのがいちばん。

自分の場合はスポーツジム通いを始めました。


黙々と運動!筋トレや有酸素運動にサイクリングマシーンなんかで汗を流す習慣をつけました。


出来ればジム通いした方が良いと思います。(最近ではパーソナルジムなんて流行ってるそうですね)








でも、地元にジムが無い!とかジムへ通うお金が無い!という人もいるでしょう。

そういう人はウォーキングとスクワット!これを最低やってください。


足は第二の心臓」と呼ばれ、ここを鍛えると足がポンプの役目を果たしてくれるので、血流が良くなります。

理想的には朝、午前中にやるのが効果的ですが低血圧の人にはそこがいちばんハードルが高いでしょうから、まずは自分の出来る時間で地道に体を鍛えていきましょう。即効性は無いですが低血圧の時は、心臓が送り出す血液の量である心拍出量が低下したり、自律神経の働きが乱れたりしています。運動は身体の血流を促し、交感神経の働きを高めて血管の正常な収縮をコントロールできるようにするなど、血圧を上げることにつながります。

規則正しい生活

朝、辛いですよね。。でも!そこを何とか踏ん張って少しずつでいいから早起きできるように頑張ってください!


朝に太陽を浴びることで体内時計がリセットされ規則正しい生活の一歩となります。

最近は光で目を覚ましてくれる目覚まし時計なんてありますから、それを使うのもアリだと思います。





低血圧の場合、どうしても朝キツい、その分、夜に調子が出てくる人も多いかと思いますが、ともかく早寝すべきです!

早寝早起き。

昼夜逆転の生活は避けましょう。


こうして自分は今は血圧は上は100~110くらいの正常値になるようになりました。



他に注意したところといえば栄養などです。


朝にカフェインを取るのは効果的。今でも毎朝コーヒーです。

昔はユビデカレノンとか呼ばれていたユビキノン。現在ではコエンザイムQ10と呼んだ方が通りがいいかもしれません。多く含まれている食材としては,イワシなどの青魚や肉類,野菜ではブロッコリー。

自分は一時、サプリメントで取ってました。最近はサプリメントで価格もピンからキリまでありますよね。

別に高いのがいいというわけではないと思ってたので、自分の都合がつく予算のものを取るのもいいかもしれません。



コエンザイムQ10(約1ヶ月分)送料無料 燃焼系 ダイエット サプリメント Lカルニチン や αリポ酸 との相性◎ サプリ 初心者におすすめ 基礎サプリ 黒コショウ 抽出物【M】 _JB


チラミン。チェダーチーズに多く含まれています。チラミンを含む食物はチーズ、ワイン、ビール、コーヒー、そら豆、鶏肝、イチジク、ニシン、サラミ、ソーセージ、カジキなどがあります。チーズをなるべく食べてました。


クラフト チェダーチーズ 6P×6個



バランスのよい食事:偏食を避け、タンパク質を多くし、ミネラル、ビタミンの豊富な食品をとり、バランスのよい食事をするよう心がけて下さい。


※鉄分は取った方がいいの?・・・低血圧と貧血は違います。貧血には鉄分が有効ですが低血圧にはあまり関係がありません。基本的にバランスの取れた食事を心がければサプリメントなどで取る必要はありません。



本当は怖い「低血圧」 あなたの「うつ」、実は「低血圧」かも?
ラベル:低血圧
posted by イーディー山岡 at 15:40| Comment(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください