2020年02月14日

【新型肺炎】中国での感染者が6万人を超える

中国における新型コロナウイルスによる肺炎ですが、本音を言うともう中国側の発表が信じるのがバカみたいな気がしてきましたがw


中国当局発表で死者が1380人、感染者6万3851人にまで感染が「拡大」したようです。


日本での感染のスピードから考えると、とてもこの数字は信じられませんね。もっと感染者は多いでしょう。


感染力は強そうです。気をつけるといってもねー

新型肺炎の症状ですが「発熱、呼吸器症状(せき、たん、のどの痛み、鼻水等)が、主な症状」と言われています。


医療系学術誌Lancetには、新型コロナウイルスに感染した患者の症状が報告されている。症状として多いのは、熱や咳、鼻水に筋肉痛、倦怠感。その他、数は少ないものの頭痛や下痢、喀血(咳とともに血が出ること)なども確認されている。重症になると、急性呼吸促迫症候群(ARDS)や肺炎を発症し、結果死亡してしまうこともある。初期症状は一般的な風邪の症状に近い


https://www.businessinsider.jp/post-207105 より。


「かぜ」の症状に似ていることから、それが1週間続くようなら気をつけた方がいいみたいですね。







posted by イーディー山岡 at 21:24| Comment(0) | 時事(社会・政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください