2019年12月10日

ネットで1000万円稼ぐ!「言葉」を「お金」に換える技術


「言葉」を「お金」に換える文章術



う~ん・・・

正直書いていいっすか?

いまいちだった・・・

タイトルにひかれて中古本を入手して読んだんですけどね、ぶっちゃけ久々に「ハズレ」を引いた感じ。

でもレビューは悪くないんだよなぁ。。不思議。

このタイトルに惹かれた人ならば、たぶん、こっちの方が実践的で役に立つと個人的には思います。


武器としての書く技術 (中経出版)
ラベル: 読書
posted by イーディー山岡 at 16:00| Comment(0) | 読書めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

「ストレスは役に立つから、なるべく受け入れて利用し、うまく付き合っていく必要がある」と言われたら、ちょっと「え?」と思いませんか?

「ストレスは健康に悪い」と思うと死亡リスクが高まる、なんて聞いたらビックリしません?

本書introductionでは、こうまで書いてます。

ストレスは人を賢くし、強くし、成功へと導きます。人はストレスの経験から学び、成長することができます。そして、勇気や思いやりを持つこともできます。


この本では実際の研究例や科学的な脳ホルモンの仕組みに踏み込んでストレス反応には1つではなく複数あり、そのストレス反応を変えていく実例を記していきます。

ストレスは「避けるもの」ではなく「受け入れる」、そして「味方にする」考え方を本書で学びました。

自分もストレスを感じたら、本書にある「チャレンジ反応」に出来たら良いな、今後、心がけようと思いました。

不安やプレッシャーはエネルギーの源!



スタンフォードのストレスを力に変える教科書 (だいわ文庫) [ ケリー マクゴニガル ]



ここからは、ぶっちゃけますが、正直なところ、メンタルがかなり弱っている人には向いてないかも。例えばうつ病が重い状態の人とか。自分も本書を読んで、まだ自己消化しきれていないというのが本音です。メンタル的に健康なときに知っておいた方がいいですね。というのも、この本ではストレスは「受け入れる」ものとして書かれてますのでうつが重度のときは、まず休んでストレスを避けて治療を受けてください。「うつ」が軽くなってきたら、本書の考え方は凄く役立つと思います。
ラベル:ストレス 読書
posted by イーディー山岡 at 23:13| Comment(0) | 読書めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

AI(人工知能)

posted by イーディー山岡 at 14:49| Comment(0) | 読書めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

縄文人に学ぶ

母性につつまれた「森の国」の「火の民」。そのルーツが現代日本にも息づいていると説く「縄文社会論」。

特に115ページの「玉をつける」なんてのは「あぁ、パワーストーンなんかも縄文のタマそのものなのかも」なんて思いましたです。

縄文人が「髭ぼうぼうの野蛮人」から全くイメージが変わります。一言で言うと「豊か」。

建築家である著者が様々な視点から「縄文」を補助線とした日本人論です。



縄文人に学ぶ (新潮新書) [ 上田 篤 ]
ラベル:読書
posted by イーディー山岡 at 21:27| Comment(0) | 読書めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

自分を操る超集中力

再読。今回は最近、「集中力」を高める技術も読んでいたため、より深く内容が頭に入ったように思う。

本書では「ウィルパワー」をいかに上手く使えるかという点に重点を置いた実践的な集中力本。

姿勢を保つことでウィルパワーが鍛えられるとか、人は意思決定で疲れるから即決できる仕組み、習慣化が肝要。

ポモロード・テクニックやアクティブレストは自分の生活に組み入れていこうかと思った。

それからオメガ脂肪酸が天然の抗うつ効果があるらしいので魚食うぞ、魚w

「集中力」を高める技術同様に分かりやすく具体的、実践的。二つ合わせて読むと集中力がまさに超集中力になること受けあいな一冊。おすすめです。



自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]



メンタリストDaiGoの著書は色々とあるんですが、この超集中力と人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]が面白かったです。
posted by イーディー山岡 at 19:42| Comment(0) | 読書めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする