2019年12月03日

飲めるハンバーグ

の、飲めるハンバーグとな?

何だ、それは?




どーも、ちょろっと調べたところ、飲めるハンバーグとは粗挽きではなく、肉の形状がなくなるまで二度びきして食感を消したA5ランクの黒毛和牛のミンチに玉ねぎ、パン粉、卵、牛乳、調味料を加えたものを練り片栗粉をまぶしながら整形するらしく、ぬるんと独特の食感がするらしい。

最初は「飲めるハンバーグ」と聞いて新手の変な味のジュースかゼリーでも連想したw もしくはガリガリ君でチャレンジかけたのかとw


なるほど、そこまでやるから食感が違うのね。つるんと食べられるようです。食べてみたいな。

ハンバーグらしくないハンバーグといえるかもしれない。テレビでも紹介されたらしく、少し流行ってるらしい。

これは「飲めるハンバーグ」というネーミングの勝利だわw


インパクトあるもんねぇ。
posted by イーディー山岡 at 16:48
"飲めるハンバーグ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: